前へ
次へ

フェイスマッサージは方向に注意する

20代であればまだまだ肌の老化を感じないかもしれませんが、30代に入るころになると10代や20代の頃との誓いを感じ始めるようになります。肌の老化対策は遅れれば遅れるほど若返りが難しくなるので、まだ老化が始まっていない状態から始めれば若さをキープすることができます。一方老化が進んだとしてもフェイスマッサージをうまく行うことで若さを取り戻せるときもあります。ではどうやってマッサージを行うのがよいか基本を確認しなおしましょう。フェイス周りの老化現象としてしわやたるみがありますが、それが進む原因として肌の張りの減少があります。年齢が高くなると徐々に血液やリンパの滞りが起きやすくなりますが、それを改善することで若さをキープできるかもしれません。そこでフェイスマッサージをするときは血流やリンパの流れを意識するようにしましょう。このときは流れる方向に手を滑らせるように行う必要があります。それにより流れがスムーズになるでしょう。

Page Top